食品で摂るのは大変?やっぱりサプリメントが一番!

55295b8f3578fee5d4fe812c5d567c19_s

アスタキサンチンはアンチエイジングに効果的であると言われていますが、1日どの程度摂取すれば良いのでしょうか?

目安量としては、6㎎となっていますので、鮭の切り身2切れほど食べると大体6㎎摂取することが出来ます。エビもアスタキサンチンが含まれていますから、10匹食べると6㎎を摂取することが出来ます。

アスタキサンチンを多く食べても特別問題はありませんから、多めに食べても全く問題はありません。

しかし過剰摂取によってなんらかの影響はあるかもしれませんから、気にしつつ食べるようにしましょう。しかし副作用は殆ど認められず、食品で摂る分には安心してアスタキサンチンを摂ることが出来ます。

アスタキサンチンは多めにとってもOK、サプリメントは目安量を守ること

しかしアスタキサンチンを食品から毎日摂るのはかなり難しいでしょう。食品を調達するのも大変ですし、毎日変わり映えのしない食卓になってしまいます。

そのため、サプリメントでアスタキサンチンを摂る、という方法もあります。サプリメントだと過剰摂取が簡単に出来るので、1日目安量をしっかり守って飲む必要があります。

アスタキサンチンは食品、サプリメントで手軽に摂ることが出来ますが、化粧品にも使われていますから、お肌から抗酸化作用を摂りいれることも可能です。エイジングケアを考えている人は、アスタキサンチン配合の化粧品を検討しても良いですね。

アスタキサンチンを食品で摂るのにベストな食材と言えば、やはり鮭でしょう。最も身近でリーズナブルな食品ですから、鮭を1週間に1度食べるなど決めておくとより良いです。積極的にアスタキサンチンを食品から摂って、若々しさをキープしましょう。