食品で摂るには何を食べたら一番いいの?

b726c2156578a46c2a4c0aa701189893_s

化粧品でも知られているアスタキサンチン。食品で摂るには何を食べれば良いのでしょうか?最も効果的にアスタキサンチンの成分を摂れるものが良いですね。

特に赤色をした食べ物にアスタキサンチンは含まれると言いますが、実際どんな食品があるのでしょうか?

通常アスタキサンチンとしてイメージ出来る食品としてはエビやカニ、いくらくらいではないでしょうか。後は鮭なども身近なものですね。

あまり赤い食品は近くにないように思えますが、実際食べ物として食べられるアスタキサンチンを多く含むものは他にどれだけあるのでしょうか?

サクラエビや鮭、オキアミやキングサーモン、クルマエビやケガに甘海老、金目鯛などがあります。食品としてすぐに食べられるものからなかなか難しいものもあります。

食品でアスタキサンチンを摂るのはなかなか難しい、アスタキサンチンの抗酸化作用を充分に手に入れるには難しいことが分かります。

熱すると赤くなるという性質を持っている

アスタキサンチンの含まれる食品は、熱すると赤くなるという性質を持っていますから、見分けがつくでしょう。

この赤色になる原因がヘマトコッカス藻という藻も一種で、藻なので水中に生えており、基本的にアスタキサンチンは海のものにしか入っていないと言われています。

アスタキサンチンを含む食品を探そうと思うのなら、海のもので、ゆでたり焼いたりして赤くなるものがアスタキサンチンを含むと言われます。

高い抗酸化作用を持っているアスタキサンチンは出来れば新鮮なうちにいただきたいものです。

食品で食べるとどうなる?

アスタキサンチンを食品で摂ろうと思うとなかなか大変かもしれませんが、食べることによって得られる効果は高いです。抗酸化作用は非常に高く、体内の活性酸素を除去してくれる働きがあります。

ほかの食べ物と比較すると圧倒的に抗酸化効果が高いので、やはりアスタキサンチンを侮ってはいけません。

例えば、ビタミンCの6000倍の抗酸化作用、コエンザイムQ10の800倍、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEの500倍とも言われている抗酸化作用があるのです。

しかしそもそも抗酸化作用って一体何という人もいるでしょう。抗酸化作用は活性酸素を除去する作用があり、体を錆から守ってくれるものだと言えます。

jjlkfjljgkjdlklfgkf

活性酸素を除去する抗酸化作用

人間の体は酸素を摂り込んで生きながらえています。血液に摂り込まれた酸素はそのまま全身をめぐり、また心臓に戻ってくるのですが、酸素を使った残りかすに活性酸素というものが生まれるのです。

この活性酸素は酸化させる作用があり、体内で大量に発生することにより細胞を酸化させ、老化の原因となるのです。

ですから化粧品にアスタキサンチンを使った、抗酸化力の強いものが販売されているのです。

老化防止、生活習慣病の予防は肌トラブルを改善するなど、アスタキサンチンを摂り込むことで色々な効能を得ることが出来ますから、積極的に摂りいれたいものです。

ちなみに活性酸素が多く発生する原因は、激しい運動や紫外線、タバコや食生活の乱れなどがあります。これらを正常な細胞に戻して老化防止してくれるのに、アスタキサンチンを含む食品を食べることによって予防や対策をすることが出来るのです。

食品で摂るのは大変?やっぱりサプリメントが一番!

アスタキサンチンはアンチエイジングに効果的であると言われていますが、1日どの程度摂取すれば良いのでしょうか? 目安量としては、6㎎となっていますので、鮭の切り身2切れほど食べると大体6㎎摂取することが出来ます。エビもアス […]

続きを読む